ナースの仕事の重さ

私自身はナースではないのですが、医療関係の仕事をしているので、同期入職者や友人にはナースがたくさんいます。ナースという職業は、非常に責任感の重い大変な職業です。ナースの仕事内容には、日々の検温や点滴や採血、服薬管理や栄養管理、血糖値チェックだったり排便コントロール、患者さんや患者さんの家族を呼んでのカンファレンスなどに出席することもあり、その仕事内容は非常に多岐に渡ります。また、入浴介助や体拭きだったり食事介助や、口腔ケアを行うこともナースの仕事です。これらの仕事は、入院している患者さんにとって、どれも重要なものばかりなので、どれかひとつが欠けても、手抜きになっても患者さんにとって悪いことが起こるので、責任は重くストレスも大きいです。その上、ナースの勤務体系は非常に不規則です。このため体調を崩してしまうケースも多く、体調の悪化がナース転職のきっかけになることがあります。また、結婚がナース転職のきっかけになる場合もあります。そのほかのナース転職のきっかけになる事柄には、さまざまなことがありますが、一番多いのは、結婚して妊娠や出産で子育て優先したいことがナース転職のきっかけになる場合です。ナースという職業は、国家試験に合格して専門資格を取得した人のみが働くことができる職業なので、その専門資格を持っていれば日本全国、どこでも働くことができるので、転職したいと思えば、次の働き先はすぐに見つかります。

Comments are closed.